喘息の予防方法

[outline]

喘息の予防方法

喘息の予防方法

喘息の予防をすることで悪化を防ぐことができます。

普段の何気ない生活や環境によって、喘息の症状は変化します。

喘息に対する予防をしっかり行っていきましょう。

ストレス発散

ストレス発散

ストレスによって喘息は悪化しやすくなります。

ストレスによって自律神経が乱れ、体内のバランスが崩れてしまい、喘息が悪化するとされています。

喘息に対する不安を感じ、好きなことに没頭できないこともありますが、なるべく意識せずにやりたいことをやりましょう。

しっかりと休んだり、趣味や好きなことをすることで、ストレスを上手く発散するようにしましょう。

煙草(タバコ)

煙草(タバコ)

煙草(タバコ)の煙は気道に刺激を与えるだけでなく、喘息の原因である炎症を悪化させてしまいます。

喘息の方は吸わないのは勿論のことですが、周りの人がタバコを吸っていて、その煙を吸ってしまっても炎症が酷くなります。

また喘息の薬であるステロイド薬の効き目も悪くなってしまいます。

家族や友人、恋人など身近な人に煙草(タバコ)を吸わないでもらうようにしましょう。

良質な睡眠

良質な睡眠

良質な睡眠は喘息の予防に繋がります。

睡眠不足の場合、身体や精神的に疲労が溜まり、風邪やインフルエンザなどの病気に対しての免疫力が低下してしまいます。

またハウスダストや花粉などに対しても敏感になってしまうので、喘息を引き起こしてしまいます。

十分な睡眠を確保して、しっかりと体調管理を行いましょう。

手洗い、うがい、マスク

手洗い、うがい、マスク

手洗い、うがい、マスクを着用する事は結果として喘息予防に繋がります。

基本的に手洗い、うがい、マスクの着用などは風邪やインフルエンザなどの病気を予防するためにしますが、風邪やインフルエンザに感染することで、喘息の症状は悪化します。

なので、日々手洗い、うがい、マスクの着用をしたり、インフルエンザが流行っているのであれば、予防接種を受けるなどして、対策していきましょう。

適度の運動

適度の運動

適度な運動を行うにしても、『運動誘発性喘息』の方にとっては怖い部分ですよね。

ですが、毎日しっかりと予防することで症状が安定しているのであれば、程度な運動を行うことで、心肺機能を向上させることで、喘息発作がおこりにくくすることが出来ます。

適度な運動をする前には、ストレッチや準備運動を行いつつ様子をみましょう。

また冬場は冷たい空気により刺激を受けてしまうので、マスクをしてしっかりと予防を怠らないようにしましょう。

部屋の掃除

部屋の掃除

部屋の掃除をすることで喘息の症状を悪化させずに済ませることが出来ます。

掃除を怠ると床や置物、隙間などに埃やカビなどが発生し、気道を刺激するアレルゲンが出来てしまいます。

またエアコンのフィルターの掃除も大切で、定期的に部屋を掃除することは面倒だと思いますが、体調を整える為には重要です。